発泡スチロールの密閉性・保冷性能を追求し続けます!

私たちカルックスは自社開発・自社製造
自社配送にこだわっています。

Do it all !
カルックスの発泡スチロール容器は徹底した品質管理の下での製造によりお客様に安心してお使い頂けるように厳しい社内基準をクリアした製品をご提供し続けており、高品質の商品を求める客様から長く信頼されて御愛顧を頂いております。
カルックスの発泡スチロール容器は徹底した品質管理の下での製造によりお客様に安心してお使い頂けるように厳しい社内基準をクリアした製品をご提供し続けており、高品質の商品を求める客様から長く信頼されて御愛顧を頂いております。

発泡スチロールについて

ひとくちに「発泡スチロール」と言いますが、大きく分けて3つの製品群があります。(1)EPS Expanded Polystyrene (ビーズ法発泡スチロール)魚の箱や家電の包装材などに代表される「発泡ビーズ成形品」。『EPS』と呼びます。金型を使って立体的に色々な形が作れます。

発泡スチロールのできるまで

原料メーカーより原料納品の際に、原料のLOT番号や試験データーをチェックし管理します。500kgのフレコンバックの他に着色原料や特殊原料は100kg又は125kgのドラム缶で納入されます。予備発泡とは原料メーカーから購入した発泡スチロールの原料(この段階では膨らんでません)を様々な用途別の発泡倍率に膨らませる工程です。

発泡スチロールの豆知識

発泡スチロールの技術史 ライト兄弟が36mの初飛行に成功してから80年余, 今ではジャンボジェット機が太平洋を越える時代となった。
フォームスチレンが我が国に入ってきて30年、いろいろな試行錯誤、研究開発と工夫改良によって、今日の姿に発展してきた。